ソノサン夫婦は、くらしを見直し隊!

日頃の出来事や小ネタ・レビューなど

弟がパズルゲームアプリ「HAKO」をリリース!

どうも、ソノサンです。

 

今回は、弟がリリースしたパズルゲームアプリを紹介したいと思います。

 

HAKO

HAKO

  • 晃平 園田
  • ゲーム
  • 無料

 

立体キューブブロックをうまく組み合わせて、お題の生き物や建物等を完成させる、というタイプのパズルです。

 

全体的にパステル調で優しい雰囲気の世界観です。

 

f:id:sono3da-sono32ma:20180818224132p:plain

 

そして出てくるパズルたちが、なかなかかわいいフォルムで登場します。

 

f:id:sono3da-sono32ma:20180818224152p:plain

 

キューブで表現するのは難しかったでしょうが、よく特徴を捉えていて、あまり想像から外れないパズルの完成形になります。

 

パズル製作者のイメージと、実際にプレイする人のイメージに大きなズレがあるとかなり難易度が上がってしまいますからね…

 

チュートリアルがしっかりしていること、操作するボタンが徐々に増えることが、プレイする人にやさしくできているなと感じました。

 

最初からボタンがいっぱいあると、それだけで少し煩わしくなってしまいますよね。

 

加えて、このアプリの大きな特徴が、バックに映し出されている "影" です。

 

f:id:sono3da-sono32ma:20180818225152j:plain

 

正しく組み合わさっていれば青色、間違っている(はみ出ている)なら赤色、といった色分けがされているので、かなり親切なパズルになっています。

 

しかも、どうしてもわからないときにはヒント機能まであります。

 

f:id:sono3da-sono32ma:20180818225206j:plain

 

私もテスト時から遊ばせてもらいましたが、「バナナ」で苦戦しました。

 

ヒントを見たくない人間なので、ヒントを見ずに、影の正誤だけで頑張りました。

 

やっとの思いで解いたのですが、思っていた組み合わせ方と全く違う組み合わせに泣かされました…

 

経過時間が出てくるのですが、あまりの長さに悔しさを感じ、もう一度トライして短い時間でクリアしたかのように見せかけることにしました😁

 

完成形を載せるとヒントになってしまうので、ここには載せません。

 

みなさんもご自分でトライしてみてください。

 

そして私は今、次の「ぶどう」で詰んでます。

 

く…悔しい……

 

絶対にヒントは見ないぞ…!!

 

HAKO

HAKO

  • 晃平 園田
  • ゲーム
  • 無料

 

 

妊娠4ヶ月〜つわりじゃなくて妊娠悪阻【にんしんおそ】〜

あつーーーーーい!☀️

 

 

皆さんこんにちは、ソノサンツマです。

ただでさえ暑いのにおなかがだいぶでてきて湯たんぽ抱えてるみたいに暑いです。

 

現在7ヶ月の後半に入り、それなりに元気に過ごしています。

仕事も週に2日行ったりして、運動を兼ねて涼しい室内をウロウロ歩いております。暑すぎてさすがに外を歩くのは無理です…

皆さんも気をつけてお過ごしくださいね〜

 

 

さてさて、今回は前回のつづきです。

とんでもなく重いつわりを1ヶ月ほど経験し、妊娠4ヶ月に入る12週になりました。

一般的には12週に入るとつわりが治まってくるらしいです。ソノサンツマもそれを期待していました。

「きっと少しずつでも改善するんじゃないか」と思ったわけです。

 

ところが、12週に入っても治まる気配なんてこれっぽちもありません。

むしろ悪化しました。

日中は吐かずに過ごせる日が多かったのに、12週に入ってからは日中も頻繁に吐くようになりました。

水分もとらなきゃ、と頭では分かってはいるのですが、身体が拒否し始め、1日かけても500mlのペットボトル1本すら飲めなくなりました。→毎日どのくらいの水分をとれているか把握するためあえてペットボトルで水分補給をしていました。

 

朝ごはんはなんとか食べられたので、スープや味噌汁などで水分を少しでも取ろうとしてみました。

コーンスープやレトルトの味噌汁はお湯ですぐに作れるので助かりました。

 

お昼ごはんを食べようと思っても吐き気が強いので、一回吐いてしばらく横になってからでないと食事はできなくなりました。出かけた後だと余計に吐き気が強く出て辛かったです。そもそも外出自体が無理だったのかもしれないですが。

 

そんなこんなで12週〜13週の間を干からびそうになりながら過ごしました。

この間何度かソノサンに「辛いだろうし点滴受けに行ってみる?」と言われてはいたのですが、もう感覚が麻痺し始めていたのか毎日吐くのが当たり前に感じられてそこまで危機感をもっていませんでした。

 

しかし、遂に異変を感じる時がやってきました。

14週に入ったあたりから、食事も水分も全くといっていいほど受け付けず、何も口にしていないと言っても過言ではないのに、その3倍〜4倍の水分を吐くようになりました。そして激しい頭痛と手の震えも感じ始め、「あれ、これかなりまずいかも」とその時初めて感じたわけです。

「この水分、どこから来てるんだ?」と不思議になるくらい吐くのでビックリしました。

今までは「あ〜口にしたのが全部出ちゃったな〜」という感覚だったのですが、そういうレベルじゃないです。

 

それで、ソノサンにお願いして病院に連れて行ってもらいました。車で40分ほどでしたが、シートを倒して横になっていないといられないくらいに衰弱しきっていました。本当はバスと電車で30分かからずに行ける場所なのですが、数分歩くのも座っているのも無理なくらいの体力です。

 

 

病院では、尿検査をしてから問診を受けます。

尿検査の結果、ケトン体+++(スリープラス)が出て、ただのつわりではなく妊娠悪阻(にんしんおそ)だと言われました。

 

つわりと妊娠悪阻の違いは何かといえば、ほとんどの人がなるのがつわり。つわりが重症化して母子に危険が生じ得るほどの脱水や飢餓状態になってしまうのが妊娠悪阻。という感じでしょうか。

そして、悪阻かどうかの目安が尿検査のケトン体の数値らしいです。健康な人はケトン体はプラスになりません。つまり、ソノサンツマは3段階も重い数値が出てしまっていたわけです。

 

助産師さんには「顔が穏やかだから、そんなに数値悪いと思わなかったわね〜点滴しましょうね〜」とニコニコしながら言われましたが、ソノサンが横から「いや、元気がないだけです」と真顔で答えていてちょっと面白かったです。

あとで助産師さんに聞いたところ、悪阻でしんどくて点滴に来る人たちは、眉間にシワ寄せたり、イライラしたり、噛み付く感じだったりということが多いらしく、ソノサンツマのように「すいませ〜ん、だいぶしんどいので点滴してもらえますか〜?」とふんわりしてる人はあんまりいないらしいです。

ソノサンツマからしたら、猛烈にしんどいのに眉間にシワ寄せたりイライラしたり噛み付いたりするパワーなんかあるわけない!って気分でしたけどね…皆さんパワフルですね。

 

とまぁ、そんなわけでビタミン剤と吐き気止め、ブドウ糖の入った500mlの点滴をしてもらいました。

点滴を繋いでもらってしばらくすると、浅かった呼吸が楽になり、胃腸がぐにゅぐにゅと鳴り始めました。水分が身体中に巡る感覚がして「生きてる」と久しぶりに感じられました。どれだけ干からびていたのかがよく分かってゾッとしました。

 

ケトン体+++の数値が出ると入院をして完全絶食で点滴オンリーの生活をする事もあるようですが、ソノサンツマは14週に入っていて週数的に落ち着いてくるはずだから入院は強制じゃないと助産師さんに言われました。

どのくらいで数値が改善するのか分からないので正直迷いましたが、何日か点滴に通ってそれでも改善しなかったら入院を考えてみたら、と言ってもらえたので、通いで点滴を受けることにしました。

これまで一度も入院をしたことがなかったので、気乗りしなかったっていうのが本音ですが…(出産の時絶対に入院するのに何言ってるんでしょうね)

 

ひとまず、その日は吐き気止めが効いたのか、家に帰ってからムシャムシャとパンを食べ、その様子を見てソノサンが「もっと早く点滴受ければよかったね」と驚くほどでした。

たしかに、その日は水分もそれなりに摂れるようになり、手の震えはおさまり、頭痛もだいぶ楽になりました。

 

次の日とさらに2日後に点滴を受けに行き、数値も無事に下がったので本当に安心しました。

何より、だるさや頭痛などがピタリとやみ、体を動かすのも苦にならなくなったので、キッチンに立ちおかずを何品も作るだけの気力もでました。

ソノサンの口から「我が家におかずが帰ってきた!」という嬉しそうな言葉が出てきた時には、もっと早く点滴を受けに行けばよかったと後悔しました。ソノサンもこの数ヶ月頑張ってくれていたんですよね、本当に。

何度も「点滴行く?」と言ってくれていたのに行かなかったのもよくなかったと思いました。

 

 

毎日吐き続けて、感覚が麻痺し、どこまでが普通なのか、どこからが危険なのかそれすら判断できなくなってしまっていたので、一番近くにいる家族の声にはきちんと耳を傾けないといけないですね。

 

そして、点滴を受けて驚いたことがもう一つ。

急におなかが大きくなったんです。そんなばかなって思われるかもしれませんが、本当です。

羊水も足りないくらいになってしまっていたのかもしれません。お腹の子に申し訳ないことをしたと猛反省…

妊娠悪阻が重篤になると母子ともに命の危険が生じる、ということは知っていたのに…

何事もなくすんだのでよかったですが、自分だけの身体ではないことを改めて実感しました。

 

 

愚かだったソノサンツマの経験から、

●日常の生活に支障が出たら、それはただのつわりではないかも

→家事ができない、何もする気にならない、などはボーダーラインだと思います。自分のためにも、家族のためにも、一度病院へ行きましょう。

●1日に摂取する水分が500mlほどなら点滴はすぐに受けるべし

助産師さんにも500mlは目安になると言われました。季節にもよりますが、500mlは多分飲めてるかな〜?というくらいの摂取量だったら一回点滴を受けてもいいかもしれません。

●自分の感覚に頼らない

→一番近くで様子を見てくれている家族の言うことはちゃんと聞きましょう。

●赤ちゃんは声を出せない

→まだおなかもそこまで出ていないし、胎動も感じない頃だとなんとなく気にせず過ごしてしまいがちですが、赤ちゃんはちゃんと生きています。その命を大切にするためにも自分の体調をよく見極めて必要な医療処置を受けるのは母親の務めです。

 

 

 

もちろん、点滴を受けてもあまり改善しない方もいるようなので、一概に言えませんが、ソノサンツマの場合は点滴を受けて本当に良かったと思いました。あまりにも衰弱しきっていたので、その後も体力回復にかなり時間がかかりましたが、なんとか苦しい4ヶ月を乗り越え、5ヶ月に入ることができました。

 

その後の話はまた次回

 

 

突如やってきた恐怖のつわり〜妊娠2ヶ月・3ヶ月編〜

皆さん、こんにちは。

 

暑くなってきましたね〜。いかがお過ごしでしょうか。ソノサンツマです。

 

ずっとブログを書こうと思いつつ、あまりに体調が悪く、iPadと向き合うことすらできずにいました。

 

 

タイトルでお分かりかと思いますが、この度ソノサンちに家族が増えることになりました。

 

安定期にも入り、のんびりと毎日を過ごしています。

 

5ヶ月の半ば18週に入ってからようやく食事をとれるようになり減りすぎた体重を少しずつ増やしているところです。

 

無事に生まれるか、その後も健康に育ってくれるか今はまだ分からないので、生まれるまでブログの記事にするか少し悩みましたが、こんな衝撃的な時間は今まで過ごしたことがなかったので、記憶が鮮明なうちに書いておこうと思いました。

 

 

《妊娠発覚から産院にうつるまでの出来事》

ソノサンツマ、いつも通り生理を待ってました。

でも、なんとなくなんですが…本当になんとなくですよ、生理が来る前からいつもと何かが違う感じがありました。毎月、体の不調は起きるんですが、この月に限っては気持ちが不安定というか、気分が上がらないというか。自分でもなんだろうなぁと思ってました。

 

あまりにも気分が晴れず、心配したソノサンが夜に海ほたるまでドライブに連れて行ってくれるほどでした。

 

そして、生理が来ない…。

 

ソワソワし始めたソノサンツマ検査薬を試しました。

 

1回目 生理予定日から3日後。ものすごーーーく、うーーーっすらとラインが出ました…

 

その時のソノサンツマ「うん、すごい薄いし、気のせいかな」

(そんなわけあるかい!最近の検査薬は99%の確率であってるもので、病院でもまず検査薬試したか聞かれます。)

 

2回目 生理予定日から5日後。

 

くっきり!はっきり!これでもかっ!というくらいにしっかりラインが出ました。

 

当たり前ですよね。

 

その時のソノサンツマ「おーーー…やっぱりか」正直なところ実感なんてまだありません。

 

ソノサンは至って冷静で、「そっか。じゃあこれからの事考えないとね〜」という現実的なコメント😄

 

まず、近所の婦人科に生理予定日から1週間後に診察を受けに行きましたが、まだ胎嚢(たいのう)は見当たらなくて、「1週間後に来てください」と言われました。

 

1週間後には胎嚢確認ができ、心拍確認ができる頃の2週間後にもう一度診察を受けるように言われました。

 

次の診察では無事に心拍確認ができ、ピコピコと心臓が動く様子をエコーで見て不思議な感覚でした。

 

もちろん赤ちゃんの様子を見られてよかったですが、1番戸惑ったのは、胎嚢確認ができた日の診察で「産院はもう決めた?」という先生の一言でした。

 

そんなにすぐに決めないといけないの?と思いました。

 

確かに2年前に出産したソノサンツマのおねえちゃんが「早く決めないとだめよ〜」と教えてくれていましたけど、実感も湧いていないのに病院決めろと言われましても…というのが本音でした。

 

ただ、どこで産むとしても、区内在住の人と里帰りの人などそれぞれ受け入れ数が病院(特に大きな病院)によって決まっているらしく、早くしないと埋まってしまうのが現実らしいです。

 

それで、おねえちゃんやお友達経由でいくつかの産院の様子を聞き、説明会がある病院にはソノサンと2人で行き雰囲気や病院の方針などを知ることができました。

 

一件目に行った病院がすごく気に入ったので、その病院への紹介状を近所の婦人科で書いてもらいました。

 

その後、すぐに新しい病院に行きました。その病院の話はまたいずれ…

 

しかし、この短期間に決めなければならないことは沢山あるのに、すこぶる体調が悪い!!

 

 

《体調編》

なんと、5週にはいってすぐ、つわりが始まりました。

 

忘れもしない日曜日の夕飯…少しいつもより重めのものを食べたかなぁ〜なんて思っていたところに突如としてやってきた猛烈な吐き気。

 

ソノサンツマ、自分の記憶の中にほとんどないくらいに〈吐く〉ということがありませんでした。風邪になったりしても、なかったんですよね…

 

それが、突如としてやってきたわけです。

 

人間面白いもので、今まで遭遇したことのない出来事にぶち当たると、今まで経験したことがありそうな出来事にしたくなるものなんですね。

 

「あー、やっぱり胃もたれするくらい食べちゃったかー」なんて一瞬思ったわけです。

 

いや、今なら言えますよ、はっきりと。

 

『それ、つわり』

 

まー、そこから毎日です。

 

日中はなんとか持ちこたえるんですが、夕方から夜にかけて毎日まいにち吐きます。

 

日中もずーーーーーーーーっと気持ち悪い。

 

食べても食べなくても気持ち悪いっ!

 

夜横になっても気持ち悪い。

 

食欲なんて星の彼方へさようなら。

 

食べられるものはりんごオンリー🍎

 

つわりが始まってからの2週間ちょっとはりんごだけしか食べられなくなりました。

 

りんごならなんとか吐かずに食べられるかな…という状況です。

 

おかげで体重ががっつり減りました…

 

筋肉も落ちました…

 

そう、動けないんです。

 

キッチンに立ってりんごを剥くことすらできませんでした。

 

でも、りんごしか食べられないんです😅

 

じゃあ、どうしてたのかといいますと、超絶優しいソノサンが家にいるときにりんごを剥いてタッパーに入れて冷蔵庫に用意してくれていました。

 

もうお世辞とか冗談とかじゃなく本当にソノサンいないと生きていけません。

 

だって、りんごしか食べられないんだもん!

 

そのくせ、冷蔵庫の臭いが強烈な吐き気をもよおすため、冷蔵庫が開けられなくなりました。

 

 

でも、りんごは冷蔵庫の中…開けなければなりません。

 

ありがたいことに我が家の冷蔵庫は両開きなので、部屋側には開けずにキッチンの換気扇をガンガン回して息を止めて、ソノサンから聞いていたりんごのある位置をイメトレして一瞬にしてりんごを取り出す。

 

なんてことをして過ごしていました。

 

そうやってソノサンが帰ってくる夜10時過ぎまで食いつないでいたわけです。

 

この時ほど長年働いてきてくれた冷蔵庫のままで良かったと思ったことはありません。

 

素晴らしき両開き!→詳しくは以前の記事をどうぞ。。。

 

sono3da-sono32ma.hatenablog.com

 

しかし、そんなソノサンとりんご頼みの生活もすぐ終わってしまいます。

 

りんごですら吐いてしまうようになったわけです。

 

そして、口の中にりんごの酸味が残るのが気持ち悪くなり、今度はりんごを食べられなくなりました…

 

よく、「つわりがひどくても〇〇だけは食べられました!」なんて体験談を見ましたが、正直ソノサンツマの場合はそういったものがありませんでした。

 

見つけられなかったのかもしれませんが、何を口にしても結局は吐いてしまうことが多かったので、買いだめはできませんでした。

 

なので、いちいちソノサンに買ってきてもらうという面倒な妊婦です😨

 

 

強いて食べられたもの、飲めたものをいくつかあげてみます。

 

⚫︎AJINOMOTO 小栗旬さんの出ているCMの名前の長い冷凍チャーハン

→味が濃いように思えますが、なにぶん栄養も塩分も足りていないソノサンツマにはちょうど良かったです。

 

ほんの少しずつでも解凍できて、食べられそうなときにちょっとずつ食べていました。

 

 

⚫︎冷凍うどん

→日中調子の良い時は一人前をたべられる時もありました。

 

タンパク質は体が拒否していたので素うどんに近い味付けだけでしたが…

 

何より調理しないでレンジでチンで食べられるので体力がない時に助かりました。

 

<贅たくさん> 包丁切り讃岐うどん 125g 10玉 【冷凍】

<贅たくさん> 包丁切り讃岐うどん 125g 10玉 【冷凍】

 

 

⚫︎柑橘類

→もともとフルーツはなんでも大好きで、いっぱい食べていたのですが、つわりの時には食べられなくなったものもありました。

 

なんと、バナナです。

 

栄養の面で考えるとバナナはすごく良かったようなんですが、ぬたっとしたあの独特な食感と喉に張り付く感覚が全くダメでした…

 

でも、柑橘系は比較的食べやすくて、伊予柑や不知火、文旦などを日中貪っていました。

 

個人的には文旦が特に食べやすかったです。

 

分厚い皮を剥くのはたいへんですが、少し元気がありそうな時にまとめてむいてタッパーに入れて保存していました。

 

あ、ソノサンがいる時は相変わらず親切にむいてくれましたよ❤️

 

補足すると、ソノサンは自分のためには基本皮むきとかしない人です。

 

むいてる時間と食べる時間のバランスが悪いから好きじゃないらしいです😆

 

それなのにむいてくれるなんて本当に優しいです。

 

 

⚫︎ゼリー

→たらみシリーズやフルーツセラピーなどは食べられました。

 

たらみシリーズは一回で食べきれないので、タッパーに移して小分けにして食べていました。

 

たらみ くだもの屋さん みかんゼリー 160g×6個
 

 

 

⚫︎キレートレモン スパークリング

→コンビニなどで売っている瓶タイプのキレートレモンではなく、ペットボトルのものをよく飲んでいました。

 

ものすごくすっぱくて、ものすごく炭酸も強いので、最初は飲めるかわからなかったですが、炭酸系をいくつか試した結果1番飲んでいたのはこれだったような気がします。

 

やはりすっぱいのが良かったのかもしれないですね。

 

ポッカサッポロ キレートレモンスパークリング 420ml×24本

ポッカサッポロ キレートレモンスパークリング 420ml×24本

 

 

 

⚫︎生茶 デカフェ

→子供の頃から緑茶の濃い〜のが大好きで毎日何杯も飲んでいましたが、カフェインがあまりよくないようで、当分の間緑茶はお預けかとガッカリしていたのですが、職場でノンカフェインの緑茶もあることを教えてもらい、購入しました。

 

430mlと少なめなのですが、ちゃんと緑茶の味を楽しめるのでこちらも比較的よく飲んでいたように感じます。

 

ただ、吐くときに苦味が強く出たので一時期飲めなくなった時もありました。

 

 

キリン 生茶デカフェ  PET 緑茶(430ml×24本)

キリン 生茶デカフェ PET 緑茶(430ml×24本)

 

 

3人子供を産んだソノサンツマの母も、数年前に出産したおねえちゃんも、「ムカムカするけど吐かなかった」と口を揃えて言っていたので、ソノサンツマもそんな感じなんだろうと思っていたのに、全く違っていて、正直驚きました。

 

個人差があるというのはこういうことか!と痛感しましたね〜。

 

 

ただ、とても辛いつわりの時期にソノサンが沢山のサポートをしてくれたので、本当にありがたかったです。

 

仕事で疲れて帰ってきてからも自分の食事は自分で作り、片付けをし、休みの日には家事も買い物もしてくれました。

 

「僕だって疲れてる」とか「面倒くさい」とかきっと思う時もあったはずですが、一日中なにもできずに横になるしかないツマを気遣ってくれて、ツマがトイレにかけこむ度にお水を用意し、励ましてくれました。

 

 

「こんなに辛いのを乗り越えて産んだんだって話を大きくなったら教えてあげなきゃね」と辛さに寄り添ってくれていることや、辛い時期に終わりがあることなど色々と前を向く気持ちにさせてくれて本当にありがたかったです。

 

そんな風に親切でポジティブにソノサンが接してくれたので、元気になったらまたいつものようにソノサンのためにご飯を作ったり、家のことをしたりしようとつわりが終わってからのことを考えられたので、今の辛さだけに目を向けることがなかったのも精神的に辛くならなかった理由だと思います。

 

 

ここで、つわり経験者のソノサンツマからご主人たち(特に初めてパパになる皆さん)へのお願いです😭

 

奥さんがつわりで苦しんでいるのをすぐ近くでみるご主人たちもつらいと思います。

 

どんな風に接してあげるのがいいのか分からない、という方もいるかもしれません。

 

奥さんはしんどい時に会話をするもおっくうだったりします。

 

おっくうというか、その元気すらないかもしれません。

 

そんな時の「どうしてほしいのか言ってくれなきゃわからない!」なんてイライラして発する言葉はかなり傷つきますから気をつけてください。地雷です。

 

 

ぜひ、返事がこなくても、仕事の合間にメールなりLINEなりしてあげてください。

 

家で1人で吐き気と戦いながら時が経つのをひたすら待っている奥さんのためにほんの数秒、ほんの数行でいいので「ちゃんと気にしてるよ」というサインを送ってください。

 

そのほんの少しのサインがすごく嬉しかったりします。スマホの画面を見るのも辛い時がありますが、嬉しいんです。

 

このご主人の日々のちょっとした気遣いが奥さんの精神的安定に大きく関わると思います。

 

このつわりの時期をどう乗り越えるかで2人のこれからの関係性に大きな変化が生じると言っても過言ではありません。本当です。どうか、奥さんを大切にしてください😭

 

 

 

仕事もほぼ行かれなくなり、家事も全くできず、仕事に行くソノサンを布団の中から見送り、ソノサンが帰ってくるのを迎えるのも布団の中…なんて寝たきり生活をかなり長いこと続けました。

 

4ヶ月に入る12週になるとつわりが落ち着いてくる人も多いようで、きっとその頃には元気になるだろう!なーんて思っていたのですが、予想は大きく外れます。

 

その話はまた次回。

 

 

ついに購入!ほぼA4サイズ‼︎ 衣類乾燥除湿機 SHARP CV-G71

こんにちは!ソノサンツマです〜

お久しぶりになってしまいました…Σ(゚д゚lll)

 

まだまだ乾燥が気になる季節ですね。部屋の中の湿度が下がったままで嫌な感じですよね…喉が痛くなったり、体が痒くなったり…

 

それにも関わらず、今回のレビューはそんなお部屋の中を《乾燥》してくれる優れ物についてです。

 

ズバリ、「衣類乾燥機」です

 

そもそもなぜ、この乾燥している時期に衣類乾燥機?と思われますよね…

 

購入したのは雨が降り続いていた2017年10月末だったのですが、しばらく使ってからの方がレビューも書きやすいかと思い、まずは数ヶ月使用してみました。それでこんな乾燥した時期の投稿です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

そして、そもそも衣類乾燥機が必要だったのはなぜか、という点ですが、ソノサンちは大通りに面しています(以前の記事でも少し触れましたね)。

 

そのため、排気ガスがひどく、ベランダはあるものの外には洗濯物を干したくありません。

 

なおかつ、夫婦揃ってアレルギー持ちなため、花粉の事など考えても外には干したくないわけです。

 

年中室内干しで過ごすしかなかったわけです。

 

そうなると、

 

●乾きが悪い

 

●部屋の湿度は下がらない

 

●洗濯効率が悪い

 

●エアコンを無駄に使用する

 

などの欠点がチラチラし始め、最初の数年は我慢していたのですが、昨年に入ってからソノサンツマはイライラし始めました。。。

 

ソノサンツマの心の声をご覧ください。

 

「室内干ししたいけど、場所とるし、乾かないし、部屋の湿度70%とかありえないんですけど…エアコンの除湿つけると部屋は寒くなるし、エアコンはカビくさくなるし、電気代かさむし、そもそも洗濯物乾くほど湿度下がってないし!それに、乾かそうと思ってつけてたサーキュレーターのブーンって音ソノサン嫌いで、なぜかとめちゃうし!」

 

とまぁ、ストレスはたまり、そのとばっちりをソノサンが受けることになってしまっていたわけですね〜

かわいそうなソノサン(๑¯ω¯๑)

 

サーキュレーターはもちろん24h運転で、換気をしたり、湿気取りをドラッグストアで購入しダブル置きをしたりしています。

 

梅雨時期には、洗濯直後にアイロンをかけて乾かしてみたりなど色々な工夫はしてみたものの、ほぼ毎日の事なので根本的な解決にはならずお手上げ状態でした。

 

何しろ時間と労力が無駄!

 

それで、普段欲しいものがほとんどないソノサンツマが、情報収集を始めました。

 

それにしても、動画サイトなどでレビュー動画を探してみても、いわゆる部屋用の除湿機に関するものはあっても〈衣類乾燥機〉に関連する動画はほとんどありませんでした。(人気ゆーちゅーばーの◯ズさんはしっかり動画あげていました、さすがです)

 

このネット社会でこんなにも情報がないのかとちょっと驚きましたが、それならそれでメーカーさんを信用してみるしかありません。

 

何社か比較してみましたが、その中で衣類乾燥機は3種類に分けられることが分かりました。

 

★コンプレッサー式

★デシカント式

★ハイブリット式

 

という3種類があるそうです。

 

残念ながらソノサンツマはこの違いを上手に説明できません…

 

ものすごーーく簡単に言えば、

 

コンプレッサー式は湿気を圧縮して水にかえ、

デシカント式は熱を利用して湿気を水にかえ、

ハイブリット式はコンプレッサー式とデシカント式の両方を備えたタイプ、

 

という違いのようです。

 

この違いに関しては他のサイトでもっと詳しく説明されていましたので、そちらをご覧ください😛

 

どのタイプにもメリットデメリットがあるようで悩まなかったわけではありませんが、ソノサンツマはコンプレッサー式を選ぶ事にしました。

 

1番気になっていた梅雨時期に本領発揮をしてくれるものはどれかと調べたらコンプレッサー式が良いようでした。

 

気温が下がると上手く除湿できないとはありましたが、気温が下がる冬には洗濯物が加湿器代わりになってくれて助かっているので、衣類乾燥機の出番はそれほどないと判断しました。

 

消費電力もコンプレッサー式の方が低いようなので、それも決め手の一つです。

 

コンプレッサー式に決めたものの、様々なメーカーから発売されているため、どれにするかさらに悩む必要がありました。

 

何を基準にするか考えてみたのですが、案外簡単でした(*´罒`*)

 

ソノサンちにある家電はどこの製品が多いのか!という事です。(簡単に言えばどこの製品がお気に入りかって事ですよね)

 

ずばりSHARPです。

 

家電といっても大した数はないのですが、冷蔵庫もSHARP、空気清浄機もSHARPです。

 

プラズマクラスターはやっぱり惹かれますよね〜

 

何より惹かれたのが、サイズです。

 

コンプレッサー式はサイズが大きくなりがちのようなのですが、このSHARPのCV-G71シリーズは「ほぼA4サイズ」なわけです(´⊙ω⊙`)

f:id:sono3da-sono32ma:20180228112539j:image

(生活感のある画像ですいません…💦)

 

とはいえ、実際のところA4より大きいですよ🤣

 

ですが、他の製品と比べた時にはダントツで省スペースです。

 

狭い空間で使うのにいいと思います。

 

ただ、小さい割に重さがあるので、移動させるという事はあんまり考えない方がいいと思います。

 

もちろん、持ち手があるので持ち運びは可能です👍

 

 

使ってみての感想ですが、買ってよかったの一言です。

 

冬場なので、梅雨時期と比べてそもそもの乾きも早いとは思いますが、衣類乾燥モードが自動でとまるまで回しておけば、ほぼ、乾きます。

 

分厚いパーカーやズボンなどがある時はもう少し使用時間が必要だと思いますが、タオルや薄手のTシャツなどであれば、8〜10時間程度でカラッと乾いてくれます。

 

ソノサンちは結局サーキュレーターも同時使用しているので、さらに短時間で乾いてくれます。

 

服と服の間隔をつめすぎるともちろん乾きにくいですので、ご注意を😬

 

こんなにも水分が空気中にあったのか!と思うほど除湿してくれます。。。

 

ちょっとおそろしいくらいです。

 

さらによかった点は水受けトレーが前面にあるので、取り外しがしやすいことです。

 

他社製品ではサイドに水受けトレーがあるタイプが多いように感じました。

 

動かさないという前提で使用するにはちょっと不便だな…と感じたので前面にあるのは本当に楽です。

 

水のたまり具合もよく見えるので安心です🤗

f:id:sono3da-sono32ma:20180228112624j:image

こんな感じで中に持ち手もあって女性でも水捨てがしやすいです👏

f:id:sono3da-sono32ma:20180228112556j:image

コースは衣類消臭・除湿・衣類乾燥の3種類があるのですが、梅雨時期は衣類乾燥コースではなく、除湿コースで運転するとなおいいのかなと感じました。

 

雨がたくさん降った時に湿度計を見てみましたが、初めから60%を超えていた室内に洗濯物を干し、湿度が70%近くなるので除湿コースにしたところ、2時間もたてば、50%台に下がっていました。

 

優秀だと思います✨

 

 

ただ、難点は音です。

 

ソノサンちは寝室の一部を洗濯物を干すスペースにしています。

 

そのため夜寝る直前に回すとけっこうな音で寝つきが悪くなります🤤

 

それで、寝室以外の場所で使用することをお勧めします。

 

スペース的にそれは無理という方は日中に使用して夜は使用しない、もしくは寝るまでだけ使用すると時間を決めた方がいいのではないかと思います。

 

弱モードでも本体からする音はあまり変わりません。

 

強モードでは本体の音+風量が増すので、さらに賑やかです🎶

 

それと、もう一つおしい!と思ったのが、風の出口にあるルーバーですが、それが固定式という点です。

 

ルーバーが自動で動いてくれるならより風の動きが出て早く乾く気がします。

 

他社製品では可動式もあったので、必要な方は探してみてくださいね〜

 

 

数ヶ月使用してみて電気代もそこまで高くなった気もしませんし、引き続き使用してみたいとおもいます♪

 

個人的にはストレスも減りいい買い物でした😆

 

これから暑くなって汗をかいた服をすぐに洗えるのが嬉しいです!🤓

 

ちなみにですが、ソノサンちの洗濯機はマックス50ℓです。 洗濯物の量の参考にしてください😃

 

 

では、また次回。。。

 

目元を温めよう!繰り返し使える「AZUKI&COFFEE 蒸しパッド」レビュー

どうも、ソノサンです。

 

先回は悲しいお話でした。

 

涙で枕を濡らすソノサンのために、ツマがこんな物を買ってくれました。

 

 

あずき&珈琲 蒸しパッド

あずき&珈琲 蒸しパッド

 

 

そうです、目元を温めることができるアイマスクです。

 

普段からPCやタブレットの使いすぎで「めぐリズム」を愛用していましたが、あちらは使い捨てでした。

 

封を開けたらすぐ暖かくなる、というのは助かりましたが、"暮らしを見直し隊" 我が家にとって、コスパが良いとは言えません。

 

実際、「目が疲れて、頭痛がする…」というレベルになってからでないと使っていませんでした。

 

ですが、これはどうでしょう。

 

なんとレンジで温めれば繰り返し使えてしまいます!

 

素晴らしい!

 

しかも、ソノサンはコーヒーを好んで飲まないのですが、コーヒーの香りは大好き、という変わり者。

 

どんな心地か、早速開封です。

 

f:id:sono3da-sono32ma:20171204214427j:image

 

ジャーン。

 

落ち着く色をしたアイマスクです。 

 

使い方は簡単、3ステップ。

 

①肌側を上にしてレンジに入れる

 

②40秒温める

 

③顔にのせる

 

f:id:sono3da-sono32ma:20180120230406j:image

 

はぁ〜〜〜〜〜… 

 

これは癒されます…

 

写真はちょっと変態的ですが、お許しを。

 

温かさに加えて、コーヒーの香りが安らぎを与えてくれます…

 

眼の直上にあたる部分には中身が寄ってこないようになっているので、眼が直接温まることはありません。

 

 レンジから出した時にはかなり熱を感じ、10分ほどはあまり温度の低下を感じません。

 

それを過ぎると思ったより早く温度が下がっていく印象ですが、さらに10分以上かけて完全に冷めていきます。

 

肌面には注意書きが記されています。

 

f:id:sono3da-sono32ma:20180120232140j:image

 

眼の間にくる位置に、熱過ぎると「危険」の文字が浮かび上がってくるのですが、その温度がすでに気持ち良さに感じてしまうソノサンは、ちょっと注意が必要です。(自己責任)

 

手に持った時と顔に当てた時の体感温度は大きく違います。

 

皆さんもお使いの際は、手だけでなくまず頬などでよくよく確認してください。

 

すぐに眼の上にのせたら、熱すぎて "罰ゲーム" になりかねませんし、下手するとヤケドもあり得ます。

 

もうひとつ、この製品はアズキやコーヒー豆が空気中の水分を吸収している状態でレンジで加熱させます。

 

そうです、一度使用した後はまた中身が水分を補給するのを待たなければなりません。

 

そのインターバル……4時間です。

 

連続使用はできません。

 

ご注意ください。

 

念のため、裏面の画像も載せます。

 

f:id:sono3da-sono32ma:20180120232802j:image

 

ご参考まで…

 

ソノサンは寝る寸前にこれをのせて寝ています。

 

あったかいアイマスクで疲れた眼を癒して、次の日に備えるのです。

 

皆さんもぜひ、お試しください〜

 

最後にツマが癒されている画像でお別れです。

 

わたしだけでは "不公平" ですからね!

 

ではまた!

 

f:id:sono3da-sono32ma:20180120233107j:image

インターネット通販で詐欺に遭ったお話

どうも、ソノサンです。

 

今回は悲しい話題ですが、皆様の教訓になればと思いブログに載せることにしました。

 

6年以上乗り続けた普段使い用の自転車のパンクを期に、買い替えを決意して情報を集め始めました。

 

新しい自転車に求める条件は以下の通りです。

 

  1. ギア(3段以上)
  2. 大きなカゴ
  3. オートライト

 

優先度の高いものを上から並べています。

 

大蔵省(ソノサンツマ)に、予算を相談しました。

 

結果、1万円以内という事に決定。

 

1万円…

 

このご時世、そんなお値段で自転車が買えるのでしょうか。

 

まずは市場調査です。

 

友人が一緒に自転車屋を回ってくれました。

 

1軒目はイオン系列でしたが、最低でも2万円…

 

諦めて2軒目へ行ったところ、定休日…

 

…閉まっている店内を一生懸命覗く2名の大人がいました。

 

やはり1万円で売られていそうな自転車はありません。

 

ここで 一緒に店内を覗く友人から情報提供がありました。

 

「この店に、災害時に使うような “リキシャ” って名前の自転車があって、それは荷物もしっかり載りそうだった」

 

 それは気になります。

 

早速店舗前で、ネット情報をチェック。

 

たしかにありますね。

 

リキシャタンク-災害用自転車 カーゴバイク ミニベロ サイクルスポット&ル・サイク | 公式自転車通販サイト | CycleSpot& le.cyc

 

ミニベロに分類される、リキシャタンクという自転車です。

 

オートライトではありませんが、大容量の積載能力と多段数のギアは頼もしく見えます。

 

気になるお値段は…税込43,178円…

 

あっけなく予算オーバーです。

 

でも、ひとまずブックマーク。

 

気を取り直してもう一軒、中古の自転車屋さんに行ってみることにしました。

 

個人で自転車やバイクの修理を請け負っている店舗ですが、なんとジャスト1万円の自転車を発見!!

 

でも残念ながらダイナモライト、ギアなし…

 

我が家の周りは坂道が多いので、ダイナモライトをガーガーいわせながらひとつきりのギアで走るのはちょっとキツイ…

 

ということで、こちらもお預け。

 

ですが、今思えば文句を言わずにあの自転車を買っておけばよかったのかもしれません…

 

ネットでリキシャタンクに代わる自転車を検索!

さて、ブックマークしてあったリキシャタンクを他の通販サイトで探してみます。

 

でもあまり安いところは見つかりません。

 

ですが情報を得ているうちにリキシャタンクに似たコンセプトを持つミニベロを発見しました。

 

自転車関連商材総合ブランド DOPPELGANGER®[ドッペルギャンガー] Product page 330C-WH / 330C-BK - ROADYACHT

 

ドッペルギャンガーのロードヨット 330Cというモデルです。

 

積載能力・多段ギアは文句なしです。

 

オートライトではありませんが、それは今まで通り手持ちのLEDライトをつければ問題ありません。

 

前モデルの330は酷評が多かったのですが、その改善点を克服したモデルのようで、総じて良いコメントが多く見られます。

 

しかもリキシャタンクより定価が安いので、通販サイトによっては1万円は無理でもかなり安く手に入るかもしれません。

 

 今度はこちらのモデルを検索してみましょう。

 

発見から購入へ

 検索しているうちに、市場価格を把握できました。

 

大体2万円後半辺りが相場のようです。

 

ふとGoogleの検索画面で偶然リンクを押してしまったサイトで、最安値のロードヨット330Cを発見しました。

 

なんと半額に近い15,000円で売られています!

 

期間限定の赤字ギリギリのセール!と書いています。

 

しかも送料無料!

 

自転車の送料無料は不安要素だったので、店舗所在地や店長の情報を確認しました。

 

北海道の佐藤さん…

 

ギリギリの情報です。

 

電話番号などもしっかり書いてあります。

 

店舗所在地もGoogleマップで見る限りガレージが写っているギリギリの情報です。

 

期間限定セールがいつまで行われているのかがわからないので、購入に踏み切ります!

 

大蔵省から許可もおり、カートに入れ、注文者情報を入力し購入しました。

 

すぐにシステム返信メールが届き、振込先情報が送られてきました。

 

ここまで、普段から通販サイトを利用している身としては何の違和感も感じませんでした。

 

ですが、ここで1つ目の違和感に差し掛かります。

 

振込先名義に違和感

送られてきた振込先情報が、なんと店舗名ではなく個人名でした。

 

ですが、事前にGoogleマップを確認し、個人で経営しているような先入観を持っていたのが災いしました。

 

きっと担当の方の口座なのだろうと思い込んでしまったのです。

 

そして翌日、振り込みました。

 

この時の自分に教えてあげたいです。

 

「その振込先は詐欺ですよ〜〜!!」

 

商品が届かない。そして違和感2つ目…

サイトには、「入金確認後商品到着まで4日ほどかかります」と注記してありました。

 

北海道からであれば、それぐらいは普通だろうと思っていました。

 

入金確認のメールはすぐきましたので、気長に待つことにしました。

 

10月2日に商品を購入、翌3日に振り込み、その日中に入金確認、という流れです。

 

迅速な対応に見受けられ、わくわくしながら自転車が発送されるのを待ちました。

 

ですが、一向に商品発送連絡が来ません。

 

サイトを確認して見ると、「現在注文殺到のため、問い合わせへの回答にお時間をいただいております」との更新がされています。

 

そりゃあこんなに安ければ、結構な注文数行くだろうね、と話していました。

 

今思うと、うまい詐欺師ですね…

 

…そして注文から1週間。

 

約束の期日を十分に過ぎているので、メールで連絡をしました。

 

でも一向に連絡が来ません。

 

ここで過去のメールを再度チェックします。

 

すると、入金確認の1箇所に少しだけ中国語表記が混じっていることに気づきました。

 

これはもしや…

 

詐欺サイトと発覚

先方とやり取りをしていたメールアドレスで検索をかけてみました。

 

すると現実を目の当たりにします。

 

偽(詐欺)サイト情報: 偽サイトで使われているメールアドレス(2017年10月7日分)

 

こちらは偽(詐欺)サイト情報を公開しているサイトです。

 

そして10月7日登録分の2行目に該当するアドレスを見つけてしまいました…

 

やられました。

 

やはり詐欺サイトだったようです。

 

警察に相談

まず警察相談専用窓口(#9110)に連絡しました。

 

すると最寄りの警察の生活相談課にかけるよう指示がありました。

 

それで、警察署へ電話をかけると、今度は刑事課に繋がれました。

 

経緯と詳細を説明したところ、後日、実際に刑事課へ行くことになりました。

 

緊張しましたが、ひとりの女性警察官が対応してくださいました。

 

メールの写しを見せながら、もう一度経緯と詳細を説明します。

 

その方によると、やはりこのような詐欺は近年かなり多いようです。

 

個人サイトだけでなく、大手のAmazon楽天でも個人出品者の詐欺が横行しているそうです。

 

しかも、そういった人々も手慣れたもので、捕まるような尻尾を見せません。

 

今回使われていた口座も、闇サイトで手に入れた、あるいは個人情報流出で得た情報だろうとのことでした。

 

被害届を出しても、ほぼ捕まらないと言われてしまいました。

 

でも、情報を元に捜査は行う、との事でした。

 

成果がみられ次第、追って連絡します、と言われ、悩みましたが被害届は出しませんでした。

 

11月末現在、成果はないようです。

 

 結論

今回学んだことは、

 

少しでも違和感を感じたら振り込まない

 

という事です。

 

通販に慣れている方こそ、ぜひ注意してください。

 

大手だから大丈夫だろう、は禁物です。

 

特に、他より安く見えるもの、期限迫っているものなどは判断力を狂わせます。

 

15,000円の勉強料で学びました。

 

我が家にとって痛手でしたが、これでも安く済んだ方なのでしょう。

 

 皆さんもくれぐれも、ご注意ください。

 

 

 

 

1周年!ありがとうございます✨

こんにちは〜ソノサンツマです😀

 

まだまだ蒸し暑い日が続いていますね。

皆さん、体調を崩したりしていませんか?

 

お陰様で、ソノサン夫婦のブログは1周年を迎えることができました👏

 

気まぐれのように緩すぎるほどたま〜〜に更新してきましたが、いつも読んでくださる方がいて、本当に嬉しい限りです♡

 

記事にしたい事はあれども、文章力が追いつかず、下書きにしたものの、魅力がなくてボツにしたものが沢山あります😂

 

2年目は、もう少しまめに更新する努力をしたいと思います😱

文章力も上げられるように、夫婦で頑張ります♪

 

今後とも、ソノサンとツマをよろしくお願いします‼️

 

近々更新しますので、また読んでいただけたら嬉しいです。。。

 

では、また次回。